聖霊の?がわかる本

  • 聖霊の?がわかる本
理解しにくい聖霊について、多くの聖書箇所を引用し、わかりやすく解説。日々の生活の中で、どのように聖霊が働かれるか具体的に理解できます。

目次
1 約束の御霊
・はじめに
・信仰の照準
・聖霊は神様
・クリスチャンだけの特権
・しるしの意味
・恵みの一人歩きに注意
・約束の御霊
・聖書の約束
・約束は実現する
・イエス様の約束
・約束の本質
・私たちも弟子のひとり
・約束を受け止めよう
・御霊をいただく方法
・力を受ける
・約束を実現させよう

2 聖霊の力
・聖霊のバプテスマとは
・聖霊が降るとき
・変化の中心は何か
・弱さからの解放の力
・人間の枠を超える力
・最大の目的
・霊を見分ける
・高ぶりに注意
・歴史から学ぶこと
・悪魔に騙されないために
・正しい力を受けよう


3 もうひとりの助け主
・聖霊の力のまとめ
・第一回のまとめ
・聖霊の恵みを求めることとは
・聖霊なる神様に対する信仰
・信仰のバランス
・聖霊とは何か
・助け主なる聖霊
・聖霊を遣わすのは誰か
・聖霊は神様そのもの
・聖霊とイエス様
・神様はおひとり
・聖霊の働き その一
・聖霊の働き その二
・聖霊の働き その三
・クリスチャンの生き方
・父、子、聖霊の順位
・父、子、聖霊の関係
・すべての制限を取り除く聖霊
・恵みの拡大
・なぜ三位一体なのか
・聖霊はすでに働いている
・聖霊を求めよう


4 聖霊が働かれる時のしるし
・前回までのまとめ
・聖霊降臨
・聖霊のバプテスマ?
・しるしではなく信仰
・五感で分かる、しるしの部分
・聖霊のみわざを抽象化しないように
・しるしの不思議
・聖霊のしるしのもう一面
・しるしを手にするために
・日本の現状を踏まえて
・信仰の一致
・旧約聖書との対比
・聖霊のしるしを求めよう
・逆は必ずしも真ならず
・しるしの伴う聖霊体験を


5 「アバ、父よ」と呼べる御霊
・ペンテコステ・カリスマ派の誕生
・過去における苦い経験
・アンケートに見る実態
・クリスチャン全てに働く聖霊
・体験には個人差がある
・あなたはすでに神の子
・神の子となる
・アバ、父よ
・交わりの強さ
・神様へのホットライン
・御霊による祈りと御霊の祈り
・御霊のとりなし
・御霊の祈り
・御霊の祈りとは
・異言は何語?
・異言の本当の意味
・異言はなぜ与えられるのか
・本音を神様に委ねよう


6 御霊の賜物と教会
・御霊の賜物
・御霊の賜物の意味
・御霊はなぜ与えられるか
・クリスチャンの思い違い
・九つの賜物とは
・賜物のバリエーション
・賜物の基準
・示されるということ
・すぐに示される人
・聖霊の働きの判断基準 その一
・聖霊の働きの判断基準 その二
・聖霊の働きの判断基準 その三
・聖霊の働きの判断基準 その四
・聖霊の働きの判断基準 その五
・パウロに見る賜物の概念
・聖霊の目に見える形とは
・信仰の本質
・偶像礼拝の危険性


神は愛である
本物の聖霊信仰を
世界のリバイバルに学ぶこと



著者:万代栄嗣
出版:ウィズダム出版(アンデレ宣教神学院)

聖霊の?がわかる本

1,320円(本体1,200円、税120円)

購入数

一緒に購入されている商品

カテゴリーで選ぶ