日本におけるキリスト教保育思想の継承

  • 日本におけるキリスト教保育思想の継承
子どもたちへの“まなざし”を考察する

明治期に女性宣教師が開始した日本のキリスト教保育を支えてきた、キリスト教的精神を基盤とする彼女らの保育思想は、日本人保育者によってどのように継承されたのか。
その展開を源流から通史的に実証するとともに、聖和幼稚園・北陸学院幼稚園で教育実践を共にした立花富と南信子、および米国長老教会宣教師アイリン・ライザーらの記録を分析することで戦時下のキリスト教幼児教育の実態を把握し、戦前から戦後にわたって通底する保育観・教育観の連続性と意義を解明した画期的な研究。

判型: A5
ページ数: 504

出版: 教文館
著者: 熊田凡子:著

2022年3月

日本におけるキリスト教保育思想の継承

8,800円(本体8,000円、税800円)

購入数

カテゴリーで選ぶ