『キリスト教養育』と日本のキリスト教

  • 『キリスト教養育』と日本のキリスト教

幼児教育に「信仰の継承」の糸口を探る!

キリスト教教育を学ぶ者に必読の名著『キリスト教養育』。

個人主義や教会と国家の分離を経験した19 世紀のアメリカにおいて、教会と家庭が「子どもをクリスチャンとして育てる」重要性について説いた神学者ブッシュネルの思想は、子どもの洗礼や教会員資格、回心などをめぐり、様々な論争を惹き起こした。

ブッシュネルの主著と論争から、現代日本の教会活性化、ひいては「信仰の継承」につながる糸口を考察する。



[目次]

第1章  序論

第2章  ホーレス・ブッシュネルがめざした「クリスチャン・アメリカ」

第3章  リヴァイヴァリストのジョエル・ホーズと、いわゆる反リヴァイヴァリストのホーレス・ブッシュネルとの対立

第4章  『キリスト教養育』の構造と内容

第5章  ホーレス・ブッシュネルの幼児洗礼論と幼児教会員資格論

第6章  ベネット・タイラー──ホーレス・ブッシュネル論争

第7章  ホーレス・ブッシュネルとピューリタニズム

第8章  結論

第1附章  鈴木健一著「『キリスト教養育』を考える──森田美千代著『ブッシュネル「キリスト教養育」の成立過程研究』を読んで」への応答

第2附章  なぜ日本にキリスト教教育が必要なのか

出版社: 教文館
著訳者: 森田美千代

2011年7月

『キリスト教養育』と日本のキリスト教

2,970円(本体2,700円、税270円)

購入数

カテゴリーで選ぶ