世界の神秘伝承との交わり: 九月会議

  • 世界の神秘伝承との交わり: 九月会議
「高森草庵」で思索と労働の日々を送った押田成人神父の著作選集

ヒンドゥー教やイスラム教などの世界の伝統的宗教との出会い、インドや韓国で霊的生活を営む人々との交わりを描く。世界の宗教者が、信州・高森草庵に集って開かれた「九月会議」(1981年)における対話や、現代文明や技術主義に対する厳しい言葉を収める。

【目次】

刊行によせて(宮本久雄、石井智恵美)

四 神秘的地下流とのめぐりあい
南方より微風ありき
パゴダの陽光
イエルザレム
ガンジスの月
いくつかのめぐりあい
スールー島の回教徒たち
キム・ジ・ハと池司教
潮騒のまにまに

五 九月会議
招き
参加者
ガンジーなきあと(ナラヤン・デサイ)
人間性の根の養い(ヴィシュダナンダ・マハテロ)
歴史の意味(咸錫憲)
犠牲のうちに会議を支えている人々
地下水を求めて
会議の終わりに
あほう!(マレー・ロジャース)
あとがきにかえて
「ただ深みに向けて漕ぎゆく」
《エッセイ》 ウォレス・ブラックエルクさんが伝えようとしたこと(河本和朗)

六 現代文明と受難
霊的なもの、かけがえのないもの
祈りの姿に無の風が吹く
現代の受難
日本人への直訴
パパラギ暴力(―中近東での翻訳を禁ず―)
原発事故の背景
なみだの海に消えず立たなむ
「慰霊林の由来―動機と社会的構造」
《コラム》 高森の慰霊林(宮本久雄)

《寄稿エッセイ》 九月会議の息吹き(葛西實)
《寄稿エッセイ》 押田成人神父との出会い(細川俊夫)

解題 「九月会議」の霊機(宮本久雄)

彼のことばは、環境破壊、核問題、宗教対立といった現象の根にあるものを気づかせ、それらの根源的な解決へのヒントを与えてくれるとともに、キリスト教そしてその枠を超えた霊性の流れを伝えるだろう。(「刊行のことば」より)

単行本: 260ページ
出版社: 日本キリスト教団出版局
著者: 押田成人
発売日: 2020/5/25

世界の神秘伝承との交わり: 九月会議

2,970円(本体2,700円、税270円)

購入数

カテゴリー