虹の生まれるところ

  • 虹の生まれるところ
四季折々の追憶、遠藤周作や須賀敦子らとの日々、そして数々の本との出会い――レインボーブリッジを見渡せる病床で綴られた随想を短歌とともに贈る珠玉のエッセイ集。

著者:有沢螢
出版:オリエンス宗教研究所

2020年4月15日

虹の生まれるところ

1,540円(本体1,400円、税140円)

購入数

カテゴリー