「新」キリスト教入門(2)
洗礼を受けていても受けていなくても、なんらかの仕方でキリスト教とかかわりのある人びとのすべてがキリスト教を形づくっています。そういうふうに考えていけば、ひとりひとりが「キリスト教」なのです。「あなたがキリスト教」であり、そして、「わたしがキリスト教」なのです。縁もゆかりもある人びとや地域が全体としてキリスト教を形づくっていることになります。そこになにをつけたそうが自由です。大切なのは、あなたも、そして、あなたをとおしてあなたの家族も、あなたの知人も、キリスト教に出会っているのだということです。わたしは、そういうふうにキリスト教を理解しています。(「本書の基本姿勢」より)

【目次】

本書の基本姿勢

序説〜常識は偏見なり〜  

第1部 だれも断罪できない

第2部 倫理的機能不全からの脱却を目ざす

第3部 本気じるしの魂たち

第4部 聖書の健全な読み方〜「愛」をもって読む〜

第5部 聖書の不健全な読み方〜ヨハネ黙示録を手がかりとして〜

結びに代えて〜共存・共生・共創にむけて〜

あとがき


著者:新免 貢
出版:燦葉出版社

2020年2月15日

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.