奪われる子どもたち 貧困から考える子どもの権利の話
命が失われてはじめて虐待が明るみにでる子どもたち。家に帰れない、今晩泊まるところもない少年少女。現代日本に隠れている子どもたちの惨状をごぞんじですか?

子どものシェルター活動、若者の自立援助支援、ホームレス支援、母子家庭の貧困問題――。さまざまな現場の声に社会学的な視点を交え、子どもの権利を守るにはどのような配慮が必要かを考えます!

【目次より】

第1章 子どもには守られるべき権利がある  浜田進士

第2章 子どもの貧困の実態と社会政策  宮本みち子

第3章 ウチナーンチュが語る沖縄の「子どもの貧困」  糸洲理子

第4章 「貧困」は子どもの将来にどう影響するのか  西島央

第5章 今晩、泊るところのない子どもたち  坪井節子

第6章 人はパンだけで生きるものではない  前田美和子

第7章 子どもを受け入れるイエス  今井誠二

第8章 社会関係資本のワンピースになる  小見のぞみ


富坂キリスト教センター:編

出版:教文館

2020年2月20日
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.