君へ、そして君のお母さんへ 教育と家庭の絆

  • 君へ、そして君のお母さんへ 教育と家庭の絆
男子中学・高校の校長で神父である著者が、ミッションスクールの教育現場において、思春期で青春まっただ中の生徒たちに伝えたい思いを、ユーモアを交えて優しく語る。

家庭にあって、わが子を無償の愛で育てる父母にも向けられる。

本書は、親と子の絆、人と人・人と社会の関わり方などを、広く深く穏やかに示してくれる。おそらくそれは、著者の人柄を表すのであろう。

出版:サンパウロ
著者:西経一

2019年12月

君へ、そして君のお母さんへ 教育と家庭の絆

1,650円(本体1,500円、税150円)

購入数

カテゴリー