イスラエル学
Category : 本 Book
※入荷に少しお時間頂く商品となります。

組織神学の盲点「イスラエル論」。これを初めて体系化した先駆的著作がついに登場!

今さまざまな組織神学の体系があって、聖書のあらゆる領域の真理を体系化しているにもかかわらず、イスラエル論を独立したテーマとして展開している神学体系は一つもない。本書はそのギャップを埋めようとする試みである(「著者まえがき」より)。

※フルクテンバウム博士著『イスラエル学』はデジタル書籍(EPUB)でもご購入できます。 ハーベストデジタルショップはこちらから!

≪注意≫印刷の品質上、擦れがつきやすい製本となっておりますので、あらかじめご了解いただけるようお願い申し上げます。


はじめに
  監訳者による解説
  著者まえがき
 A. 過去のイスラエル
  1. イスラエルの選び
  2. 無条件契約
  3. モーセ契約とモーセの律法
  4. イスラエルのレムナント(残れる者)
 B. 現在のイスラエル
  1. 神の国プログラム
  2. イエスがメシアであることを否定した結果と影響
  3. 無条件契約
  4. モーセ契約とモーセの律法
  5. イスラエルと教会
  6. 現代イスラエル
  7. ローマ9:1〜11:24、イスラエルのレムナント、オリーブ
  8. ヘブル人クリスチャン/メシアニック・ジュー
  9. 新約聖書のヘブル人クリスチャン/メシアニック・ジューに関する書.
 C. 将来のイスラエル
  1. イスラエルと教会時代
  2. イスラエルと患難時代
  3. イスラエルと再臨
  4. イスラエルとメシア的王国
  5. イスラエルと永遠の秩序
 D. その他の関連テーマ
  1. イスラエルを象徴する言葉
  2. 反ユダヤ主義
あとがき
  訳者より
  さらに詳しく学びたい方へ
  聖書入門
著者紹介


著者:アーノルド・フルクテンバウム
翻訳:佐野剛史、
監修:中川健一

販売価格  3,000円(本体2,778円、税222円)

購入数  

Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.