弁証論 過越祭 付録 ハガダー

  • 弁証論 過越祭 付録 ハガダー
左開き ラルフ・マウント「弁証論」
右開き ロジャー・ウォークヴィッツ「過越祭」
中綴じ付録 「ハガダー(過越祭り 式次第)」

ヨハネ福音書においてイエス様が行った祭りとして過越祭の記述があります。本書のマウントの記述は主の晩餐は過越祭りであったと、あらゆる歴史的観点から実証していき、新約聖書の文脈において、聖餐式は聖体授与として定期的に行う行事ではなく、一年の春の季節に行った過越祭りの一部であったと結論付けています。


またマウント師の弟子のようなウォークヴィッツ師は、長年アジア宣教師として働き聖書を教え続けましたが、一人の若い信徒の質問「先生、なぜ教会は、聖書に書いてある通りに土曜日に礼拝を行わないのですか。」に正しく答えられなかった経験から、聖書の真理の追究を始めます。
そして長男一家の飛行機事故死を経て、イスラエルと聖書ユダヤ起源に目が向いていきます。信徒を隷属化させた犯人は、世界制覇をもくろんだ4世紀のローマ皇帝コンスタンティヌス帝であると、たどり着きます。
お二人の長年にわたる聖書研究は、翻訳者によって、日本の読者にこれを広めることを決心させました。

本書は110ページ余りと短いのですが、内容は非常に濃く、時には専門的に、時には学術的に、時には叫びとなって、信徒に正しく聖書を伝えたい願いに満ちて、魂にまっすぐに切り込んでいきます。イエスの時代から狂い出して一部で常軌を逸した福音の真理を、正面から受け取るためには、まず、過越祭りはそのスタートであると、熱く語っています。

付録としてつけたウォークヴィッツの編纂による過越式次第(ハガダー)は、読みながら誰でも簡単に祭りを行うようにできています。大きさも文体も、手軽に使えるようなサイズにしました。

目次(弁証論)

内容紹介  弁証論 Aplogetics 1
キリスト教信仰の抗弁と立証を必要とされなければならない神学の分野。(マウント)

物の対立・矛盾を、克服・統一することによってより高次への結論に到達する、発展的な考え方による思考法。(新明解国語辞典)

1.聖さんの教義 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   1
(1) 宗教改革時代 「宗教百科事典」(シャッフ1891年)より・・・  1
(2)歴史書にみる主の晩餐「西洋史概略」(ロビンソン1925年)より・ ・  6
(3) 異端
「ボルティモア教理要綱」アメリカ・カトリック教会1940年版より・・  7
(4) ある信仰者の生涯 「殉教者伝」(フォックス1554年)より・・・ 9
2.晩餐とは何か  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  12
  ドーン / アルフォード / フリーメイソン百科事典改訂版 / シャッフ /
ブリタニカ百科事典 / ゴールドウィン
3.聖書のいう祭りとは  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   19
4.聖書のいう晩餐とは  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   24
5.まとめ  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   29
6.引用聖書個所  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   30
参考文献  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・ ・・・・・  31  


目次(過越祭)

過越祭
わたしを覚えてこれを行いなさい。 コリント第一の手紙 11章24節

1.  過越祭りとは 
(1) わたしを覚えてこれを行いなさい! ・・・・・・・・・・・・・・・・  1
(2) 今夜はどこが違うの? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  8
2.文献資料 
(1)エウセビオス「教会史」(325年)より ・・・・・・・・・・・・・  17 
コンスタンティヌス帝の書簡より ・・・・・・・・・・・・・・・・21
「ニカイア信条」(325年)より ・・・・・・・・・・・・・・・ 26
3.新聞記事 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  34 
(1)リリジョン・ウィーク記事 1993年6月2日付
(2)ニューズ・ウィーク記事  1993年7月5日
(3)デイリー・ヘラルド記事
(4)エルサレム・ポスト記事  1991年5月3日付
4.聖書のいう過越祭り  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  49
5.引用聖書個所  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  55

著者:ロジャー・ウォークヴィッツ(過越祭)、ラルフ・マウント(弁証論)

出版:メシアニックジャパン出版合同会社

弁証論 過越祭 付録 ハガダー

1,100円(本体1,000円、税100円)

購入数

カテゴリー