叫ぶ祈り(上)
(序文ー抜粋)


色んな祈りの方法と、原理が、必要ですが、その中で、何よりも、さらに、基礎になるのは、この本、即ち、「叫ぶ祈り」と「発声の祈り」だったのです。

この「叫ぶ祈り」と、「発声の祈り」の基礎の上に、他の祈りでの発展と、適用が、必要だったのです。   

この間、「呼吸の祈り」や「立ち向かう祈り」を適用した人々が、生活の中で起きた、多くの変化を証して、感謝を、表したりしてくれましたが、一部の人達は、良く出来ない、と言いました。

その場合の大部分は、この基礎的な祈りである、「叫ぶ祈り」と「発声の祈り」が、まともに、訓練されなかたったためだ、と言えるでしょう。

基礎が無くて、その次の段階に行こう、とすれば、そこには、問題と、困難が有り得て、簡単な事なども、実際的な適用が、上手く出来ない事があるのです。  

「叫ぶ祈り」と「発声の祈り」は、とても、美しくて、驚くべき事だし、強烈な力が、流れる祈りです。

他の祈りと同じように、この祈りにも、多くの間違った適用と、思い違いがあります。
 
もう、その様な、誤りを正して、正しい「叫ぶ祈り」と「発声の祈り」の原理と、要領に対して、学んで、経験する時、全てのクリスチャン達は、驚くようになるのです。

無気力で、弱くて、皮相的な信仰を、持っていた人々は、文字通りに、心の奥底から「生ける水」が、湧き上がって、驚くべき、天の力と、喜びが臨むのを、経験するようになるのです。

叫ぶ祈りの経験を通して、その心のスッキリすることと、幸福感は、経験してみなければ、言葉で説明する事が出来ないのです。

私は、全てのクリスチャン達が、この驚くべき祈りを、新しく発見して、使うようになる事を、期待します。

その様になる時、今日、俗に見られる、無気力な教会の姿、無気力な信仰生活の姿に、革命的な変化が、現れるようになるでしょう。

聖徒の人生は、豊かになり、天の力と、実際を、享受するようになるのです。

是非、この祈りを学んで、始めて下さい。

あなたは、驚くべき、力の人になるでしょう。
 
ハレルヤ!





著者:ジョン・ウォン
出版:(有)福祉寝台

「著者紹介」
1956年ソウルに生まれる。
総神大学と総神大学院を卒業。
13年間、牧会の働きをし、その後、牧会の働きを離れて、10年余りの間、祈りと霊性について執筆活動に専念してから、2012年「ヘブン・クリスチャンセンター」教会を創立。
この商品を買った人はこんな商品も買ってます
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.