ヘブライ語聖書対訳シリーズ38 雅歌・ルツ記・哀歌

  • ヘブライ語聖書対訳シリーズ38 雅歌・ルツ記・哀歌
シリーズ第二十三回目配本です。聖書の中で最も美しい抒情詩といわれているソロモンの「雅歌」、姑ナオミを離れず、その信仰を嗣いでダビデの曾祖母となった女性の物語「ルツ記」、エルサレム滅亡と民の苦悩を歌ったエレミヤの哀悼詩「哀歌」を収録。ユダヤのお祭りで朗唱されるこれらの書の原典には、美しい響きがあります。

出版: ミルトス
著者: ミルトス・ヘブライ文化研究所編
判型: A5
発行:2012年9月18日

ヘブライ語聖書対訳シリーズ38 雅歌・ルツ記・哀歌

3,080円(本体2,800円、税280円)

購入数

カテゴリー