地の塩、世の光―人物で語るキリスト教入門(CD−ROM付)

  • 地の塩、世の光―人物で語るキリスト教入門(CD−ROM付)
聖書時代から、古代と中世、宗教改革、現代、日本のキリスト教、日本にキリスト教をもたらした宣教師たち、総勢26名のキリスト者の人生を取り上げ、現代の問題と絡めながらキリスト教史を辿る、キリスト教初習者のための入門書。

興味を深め、学習を助けるCD-ROMつき。

[目次]
序  人物史としてのキリスト教
第1章  旧約聖書の時代
1  信仰の父 アブラハム
2  出エジプトの指導者 モーセ
3  希望の預言者 イザヤ
第2章  新約聖書の時代
4  共観福音書の証しするイエス・キリスト
5  旅する伝道者 パウロ
6  福音書記者ヨハネと黙示録のヨハネ
第3章  古代と中世の教会
7  アウレリウス・アウグスティヌス──自己探求者にして歴史哲学の巨人
8  アッシジのフランチェスコ──自然の美しさと平和の希求者
9  トマス・アクィナス──強靭な真理探究者
第4章  宗教改革と近代
10  マルティン・ルター──宗教改革の端緒を開いた人
11  ジャン・カルヴァン──ヨーロッパの宗教改革を確立させた人
12  ジョン・ウェスレー──メソジスト教会の祖となった人
第5章  現代社会とキリスト教
13  カール・バルト──現代プロテスタント神学の巨匠
14  ディートリヒ・ボンヘッファー──危機の時代に生きたキリスト者
15  C・S・ルイス──人気作家にしてキリスト教擁護者
16  マーティン・ルーサー・キング──非暴力の闘士
17  マザー・テレサ──キリストの愛の証し人
18  ヨハネ・パウロ二世──命の擁護者
第6章  日本のキリスト教
19  植村正久──教会の建設者
20  内村鑑三──二つのJに仕えたキリスト者
21  新渡戸稲造──太平洋の橋
22  三浦綾子──愛と祈りの作家
第7章  青山学院の源流とその歴史
23  ドーラ・スクーンメーカー──青山学院の歴史を拓いた婦人宣教師
24  ジュリアス・ソーパー──青山学院の人格教育の礎
25  ロバート・マクレイ──青山学院の初代院長
26  本田庸一──日本人初の青山学院長


出版:教文館
編者:青山学院宗教センター
2006年2月

地の塩、世の光―人物で語るキリスト教入門(CD−ROM付)

1,980円(本体1,800円、税180円)

購入数

カテゴリー