聖名のゆえに軛負う私 藤井武記念講演集2
神から大いなる実験を課せられた人。慟哭と歓喜が身体を交差する人間宇宙!

無教会の内村鑑三の高弟にして、42年の生涯を孤高の預言者の如く駆け抜けた藤井武。その凝縮されたキリスト教思想を「武士道」「永世観」「摂理論」「歴史観」などをキーワードに読み解いた藤井武講演集第2巻!新発見された書簡から浮かび上がる義弟矢内原忠雄との関係など、興味尽きない内容も収録。

【主な目次】

はしがき

11 旧約の日本――藤井武と武士道

12 藤井武とフランチェスコ

13 藤井武とマルクシズム

14 藤井武とルーテル

15 夕にわが妻死ぬなり――藤井喬子と藤井武

16 藤井武の永世観

17 藤井武の摂理論

18 藤井武の歴史観

19 信仰と生活――新発見の藤井武・喬子の手紙から

著者:佐藤全弘
出版:ヨベル

2020年1月20日
Copyright(c) since-2007 Gospel Light Store all rights reserved.