三浦文学の魅力と底力

  • 三浦文学の魅力と底力
1963年、朝日新聞社1千万円懸賞小説公募で三浦綾子著「氷点」が見事入選した。
三浦綾子は、北海道旭川市のごく普通の主婦でクリスチャン、小説のテーマが「原罪」であったことに人々の関心が集まり空前の「氷点ブーム」が起きた。
以来、三浦綾子は次々と新作を発表し、最も人気のあるベストセラー作家として圧倒的多数の愛読者を獲得した。
1999年10月12日77歳で召された時、三浦綾子記念文学館初代館長・高野斗志美氏は、次のような哀悼の言葉を表した。
「私たちの時代は、人間への限りない優しさによって魂の深い奥行きを生み出すことのできた、このようにも純粋な作家を再び持つことはあるまい、とさえ思う」と。
1991年春に旭川の教会に転任したことを契機に三浦光世、綾子と親しい交流をもった著者が、三浦夫妻に起こった驚くべき出来事を回顧して三浦文学の魅力と底力の秘密を解き明かした本書は、コンパクトながら三浦文学ファン必読の書と言えよう。

クリスチャン作家・三浦綾子没後20年経ても、その人気は少しも衰えることがないばかりか、新たな読者を獲得しつつある。
本書は、混迷する社会で生きる現代人に三浦文学の希望のメッセージを提示している。
「生きるとは」「信仰とは」「幸いな夫婦の秘訣とは」「戦争と平和とは」「死とは」等々、多くのヒントを与えられる本書は、故三浦夫妻から現代人への愛の呼びかけでもある。

著者:込堂一博
1948年、北海道室蘭市生まれ。明治学院大学、聖書神学舎卒業。横浜市のシャローム福音教会(旧・元石川神の教会)副牧師、千歳福音キリスト教会、旭川めぐみキリスト教会牧師を経て、2013年から札幌市の屯田キリスト教会(JECA)協力牧師。三浦綾子読書会相談役。 著書に「北の国の旅人」「人生の先にある確かな希望」(イーグレープ) 「三浦綾子100の遺言」「三浦綾子100の希望」「三浦綾子さんのことばと聖書100の祈り」(いのちのことば社)「聖地の旅人」「終わりの時代の真の希望とは」(個人出版)

出版:イーグレープ

2020年1月

三浦文学の魅力と底力

880円(本体800円、税80円)

購入数

カテゴリー