いのちを生きる ──医師と牧師が語る生老病死

  • いのちを生きる ──医師と牧師が語る生老病死
いのちの尊さ、喜び、
そしてその厳粛さを見つめます。

生老病死は、
人生そのものといっていいでしょう。
もし、生を受けた意味を、
病を癒す方がおられる訳を、
老いてもなお生きる意味を
見いだすことができるなら、
たとい死の陰の谷を歩むとも、
何も恐れることはありません。

だれもが避けては通れない
生きる、老いる、病気、死というテーマ。
東京衛生病院医師、牧師であるおふたりが、
それぞれの立場で、聖書の視点から執筆してくださいました。

著者:本郷和彦/本郷武彦著
発行日:2019年8月20日 初版
出版社:福音社
四六判 256頁

いのちを生きる ──医師と牧師が語る生老病死

1,980円(本体1,800円、税180円)

購入数

カテゴリー