人の霊のいやし

  • 人の霊のいやし
聖書は、人間がたましいと身体だけではなく、「霊」を持つ存在であると示している。本書は、人の霊が持つ機能について語り、その霊がいかにしてダメージを受けるのか、またどのようにして癒されるのかを説明する。
人の霊は、聖霊から「いのち」を受け取り、それを自分のたましいと身体に流し出していく。

著者:ルース・ホーキー
訳者:井口 典子
出版:地引網出版

発売:2019年10月25日

人の霊のいやし

1,320円(本体1,200円、税120円)

購入数

カテゴリー